通販を使った子供服の買い方│季節に合わせて素材を変えよう

男子

ベビー服の種類

お母さんと赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、肌が弱くとても敏感です。ベビー服といっても沢山の種類があり、子供の成長に合わせて選ぶ必要があるのです。一般的にベビー服でイメージする洋服は、ある程度成長した段階の子供が着るものが多いでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんは新生児といい、自分で首を持つことができないので主に着物に似た形の肌着を着ています。このような形の肌着だと、着替えやオムツ替えのときに便利なので赤ちゃんにも優しいのが理由です。新生児の洋服や肌着は、肌に優しいコットン100パーセントのものが良いでしょう。まだ自分で動くことができないので、横になっている状態が多いからです。洋服や肌着は、作り方で保温性や伸縮性が変わってくるので気をつけましょう。
家の中では肌着を重ねて着せるだけで充分ですが、お出かけの場合は洋服が必要です。この場合は、ロンパースといったボタンで上から下までつながっていて、ボタンで留めるタイプのベビー服が好ましいでしょう。お出掛け用の洋服もコットン100パーセントのもので可愛い物が沢山あります。レースが使われていたり、可愛いキャラクターがプリントされていたりと新生児の可愛さを引き立ててくれます。段々と成長して、首もすわりしっかりとしてきたら様々なタイプのベビー服を着ることができます。まだ、着やすいロンパースタイプもいいですが、上下別で売っている洋服は更に種類が増えてくるので楽しみも増えます。子供の成長に合わせたベビー服を選んで、楽しみましょう。